はてなブログProからWordPressに移行する際の手順まとめ

はてなブログ

先日、このブログをはてなブログProからWordPressに移行しました。

「はてなからの引越しは大変」と聞いていましたが、本当に大変でした。

というわけで今回は、はてなブログProからWordPressに移行する時に行った作業をまとめてみます。

はてなからの引越しを考えている方は、よかったら参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

移行の概要・環境

今回は、はてなブログProからWordPressへの完全移行です。

私の場合は、すでにレンタルサーバーを借りているので

  • ワードプレスをインストール
  • はてなから記事のインポート
  • 独自ドメインの移行
  • 画像の差し替えなど、不完全な部分を修正

といった流れで作業しました。

サーバーはさくらのレンタルサーバ、独自ドメインはお名前.COMで取得しています。

さくらのレンタルサーバでWordPressを使う手順
WordPressを使うには、サーバーを借りてWordPressをインストールする必要があります。今回は、さくらのレンタルサーバでWordPressを使う手順について書いていきます。データベースの新規作成1.サーバコントロール画面から「デー

というわけで、サーバーもWordPressも準備済みとして、行った作業を書いていきます。

はてなブログの記事をWordPressに移動する

まずは、はてなブログからWordPressに記事を移動させる作業です。

はてなブログからエクスポート

1.はてなブログのダッシュボード画面から「設定」をクリックします。

はてなブログ設定

 

2.詳細設定をクリックします。

詳細設定をクリック

 

3.エクスポートの「記事のバックアップと製本サービス」をクリックします。

エクスポートの「記事のバックアップと製本サービス」をクリック

 

4.「ダウンロードする」をクリックします。

ダウンロードする

 

5.ダウンロードされたデータがテキストファイルであることを確認します。このデータをWordPressにインポートします。

エクスポートされたファイル

WordPressにインポート

1.WordPressのダッシュボード画面から「ツール」→「インポート」とすすみます。

インポートをクリック

 

2.「Movable TypeとTypePad」の「今すぐインストール」をクリックします。

今すぐインストール

 

3.インストールが完了したら「インポーターを実行」をクリックします。

インポーターを実行

 

4.「参照」をクリックして、はてなブログからエクスポートしたデータを選択します。

参照をクリック

 

5.データを選択したら「ファイルをアップロードしてインポート」をクリックします。

インポート

 

6.投稿者の割り当てでは、はてなブログの投稿者名を引き継ぐかどうかを設定します。

投稿者の割り当て 設定

私の場合は、WordPressに登録したユーザー名を使いたかったので「既存のユーザーに割り当て」を選択しました。

はてなブログの投稿者名のままでよければそのままでOKです。

 

7.「実行」クリックするとインポートがはじまります。

実行

私の場合は100記事ちょっとありましたが、数秒でインポートが完了しました。

インポートが完了したら、WordPressの設定をしていきます。

WordPressのパーマリンク設定

はてなブログから記事を移行できたら、パーマリンクの設定をします。

はてなブログとWordPressではURLの表示形式が違っているんですね。

たとえばこんな感じ。

  • はてなブログ:yuzumochi.com/entry/sample
  • WordPress: yuzumochi.com/sample

これを同じにするのが、この作業です。

はてなブログの記事を引き継ぐためには、WordPressのURLをはてなブログと同じURLにする必要があるためです。

パーマリンク設定の手順

1.WordPressのダッシュボード画面から「設定」→「パーマリンク設定」とすすみます。

パーマリンク設定

 

2.「カスタム構造」にチェックを入れ、枠に /entry/%postname%/ と入力します。

カスタム構造

これでURLに  /entry/  が入り、はてなブログと同じURLの表示形式になります。

entryを手動で入れる場合

上記の作業をすると、はてなブログと同じURLになりますが、これから新しく書く記事のURLにもすべて /entry/  が入ってしまいます。

私はそれが嫌だったので、カスタム構造に  /%postname%/  を入れました。

パーマリンク設定

 

このようにすると、URL表示を

  • yuzumochi.com/sample

とすることができ、URLに /entry/  が入りません。

が、はてなブログからインポートした記事にも /entry/  が入らないので、はてなの記事には手動で /entry/  を入れていく必要があります。

WordPressは、手動でURLを入れる時に /(スラッシュ) が入れられないので、Enhanced Custom Permalinksというプラグインを使っていきます。

アイキャッチ画像・タイトル画像の設定

はてなブログから記事を移したばかりの状態では、タイトル画像やアイキャッチ画像が反映されていません。

私の場合はこんな感じでした。

はてなブログからWordPressに移行したばかりの状態

 

テーマによって表示の違いはありますが、タイトル画像やアイキャッチ画像が反映されていません。

ここは設定し直すしかないので、早めに設定しておきましょう。

ドメインの移行

つづいて、独自ドメインをはてなブログProからWordPressに移行させます。ここではお名前.comを使った例を紹介します。

ネームサーバの変更

1.お名前.comのドメインNaviにログインし、ドメイン設定から「ネームサーバーの変更」をクリックします。

ネームサーバーの設定

ボタンを押してもOKです。

ネームサーバーの設定ボタン

 

2.「登録上は正しいので、手続きを進める」をクリックします。

手続きを進める

 

3.「他のネームサーバーを利用」を選択し、ネームサーバー情報を入力します。

他のネームサーバーを使用

さくらのレンタルサーバの場合は「ns1.dns.ne.jp」「ns2.dns.ne.jp」を入力します。

こんな感じ↓ですね。

ネームサーバー情報を入力

入力したら、設定完了まですすみます。

つづいては「DNS関連機能」の設定です。

DNSレコード設定のゾーン削除

1.ネームサーバーの設定から「DNS関連機能の設定」をクリックします。

DNS関連機能の設定

 

2.画面の下のほうに小さく表示されている「DNS追加オプションのご解約、ゾーン削除のお手続きはこちら」をクリックします。

「DNS追加オプションのご解約、ゾーン削除のお手続きはこちら」をクリック

 

3.移行させるドメイン名にチェックを入れて「確認画面へ進む」をクリックします。

チェックを入れて確認画面へ進む

 

4.「DNSレコード設定のゾーン削除」にチェックを入れて「次へ進む」をクリックします。

DNS設定ゾーンの削除

これで手続き完了まで進めていけば、「DNSレコード設定のゾーン削除」は完了です。

これは、はてなブログProに独自ドメインを使うのに必要だった機能です。これを削除しないと、独自ドメインが正常に移行できません。

つづいて、はてなブログProに設定していた独自ドメインを解除します。

はてなブログProの独自ドメインを解除

1.はてなブログのダッシュボード画面から「設定」をクリックします。

設定

 

2.詳細設定をクリックします。

詳細設定

 

3.独自ドメインのところに入力していたドメインを消去します。

はてなブログProの独自ドメインを解除

これではてなの作業は完了です。

つづいて、さくらのレンタルサーバの設定をします。

さくらのレンタルサーバの設定

1.さくらのレンタルサーバのコントロールパネル画面から「ドメイン/SSL設定」をクリックします。

ドメイン/SSL設定

 

2.「新しいドメインの追加」をクリックします。

新しいドメインの追加

 

3.「5.他社で取得したドメインを移管せずに使う」から「ドメインの追加へ進む」をクリックします。

ドメインの追加へ進む

 

4.ドメイン名を入力し「送信する」をクリックします。

ドメイン名の入力

 

5.確認画面になりますので、内容に間違いがなければ「送信する」をクリックします。

「送信する」をクリック

 

6.「ドメインの追加 完了」の表示が出たら、「詳細設定にすすむ」をクリックし、詳細設定に入ります。

詳細設定にすすむ

 

7.「2.マルチドメインの対象フォルダをご指定ください」の空欄に、WordPressのデータが入ったフォルダ名を入れます。

フォルダ名を入力

入力できたら、画面をスクロールし「送信」を押します。

 

8.「ドメイン詳細設定 完了」の画面になったら、設定完了です。

ドメイン詳細設定が完了

これで独自ドメインの移行作業は完了です。

独自ドメインが反映されるまでに、数時間から数日ほどかかる場合があります。

WordPressのアドレス設定

ここまでの作業が終わったら、WordPressのダッシュボード画面から「設定」→「一般」とすすみ、URLを独自ドメインに変更します。

WordPressのURLを独自ドメインにする

この設定にするとログイン画面のURLも「 独自ドメイン/wp-login.php 」に変わります。

これで大枠の作業は完了です。

独自ドメインが反映され、サイトが表示されればOKです。・・・が、完全移行をするために、やるべきことがいろいろあります。

独自ドメイン移行後にやること

ここからは完全移行のために次の作業をしていきます。

すぐにやっておきたいこと

移行後にすぐにやっておきたいことは、このあたり。

  1. アイキャッチ画像・タイトル画像の設定
  2. ブログカードの修正
  3. 常時SSL化(https化)

特にアイキャッチ画像やタイトル画像は、早い段階で設定しておかないと、未完成のブログにみえてしまいます。

そして、ブログカード。はてなブログと同じように表示されませんので、手動で修正する必要があります。

また、独自ドメインで移行した方はこのタイミングでSSL化もしておくと便利です。

はてなブログをどうするか

独自ドメインをWordPressに移行させると、はてなブログProのアドレスが初期設定に戻り「~.hatenablog.com」になります。

このままにしておくと、同じ記事がURL違いで存在することになり、SEO的にもよくありません。

タイミングを見て、ブログを非公開または削除する必要があります。

はてなブログを削除する方法
はてなブログからWordPressへの移行が完了したので、はてなブログを削除しました。非公開(自分だけが閲覧できる状態)のままにしておいてもよかったのですが、特に残しておく理由もないので削除することにしました。というわけで今回ははてなブログ

見出しタグの修正

はてなブログは、見出しのタグ(h2やh3など)の並びがいびつなので、これも修正しておきましょう。

記事内の見出しは大きいほうから、h2→h3→h4となります(はてなブログでは、h3からはじまります)。

記事数が多いと大変ですが、できるだけ早めにやっておくと安心です。

緊急ではないけれどやっておきたいこと

はてなブログからWordPressに移行すると、はてな経由になっているものがいくつかあります。

たとえばこの2つ。

  • 記事内の画像
  • はてなブログのサイドバーから挿入したアフィリエイトリンク

記事内の画像は、はてなフォトライフ経由で表示されるようになっています。

また、はてなのサイドバーから入れたAmazonリンクなどは、クリックするとはてなの画面を経由するようになっています。

これらが気になる方は修正していきましょう。

まとめ

今回は、はてなブログProからWordPressに移行した手順でした。

移行自体は難しくないのですが、はてなの機能を使っていたところを直すのがすごく大変です。

100記事ほどのブログの引越しでしたが、最低限の形にするまでに、まるまる3日かかりました。

特に苦労したポイントをこちらの記事にまとめています

はてなブログからWordPressへの引越しで大変だったこと
このブログは、2018年5月にはてなブログProからWordPressに移行しました。今回は、はてなブログProからWordPressに引越しするのに大変だったことを書いてみます。移行時に行った作業はこちらの記事にまとめています▼準備おくと

これから、はてなブログからWordPressへの移行・引越しを考えている方は、よかったら参考にしてみてくださいね。