こりゃウマイ!スイートブールを焼いて食べる「焼きスイートブール」

ライフスタイル

ゆずもちは、パンが好きです。

中でもヤマザキのスイートブールが大好物なのですが、先日、ヤマザキのサイトをみて驚きました。

なんと「焼きスイートブール」なる食べ方があるそうです。こ、こりゃええ!というわけでさっそくためしてみました。

焼きスイートブールのレシピ

焼きスイートブールの作り方はおどろくほど簡単です。

  1. スイートブールを1cmほどの厚さにスライスする
  2. オーブントースターで焼く
  3. 表面がきつね色になったら完成

レシピをみる限りは、「ただのトーストじゃねえかよ!」という気がしないでもありませんが、さっそくやってみました。

スイートブールをスライスする

まずスイートブールをスライスするところからはじめます。

以前より小さくなった気がしないでもないスイートブールですが、1cmほどの厚さになるようにスライスしていきます。

ゆずもちの場合は、はしっこの方の小さい切れ端もいれて、7枚できました。これで準備は完了です。さっそく焼いてみます!

焼き加減の目安は、絶妙のタイミングで(笑)

オーブントースターに入れたあとは、焼き加減が重要です。

公式サイトにもこのように書いてあります。

スイートブールはもともと甘みがついているため、油断しているとすぐに焦げてしまうので、焼くときは目を離さないようにして、絶妙のタイミングでトースターから取り出してください。 ―ヤマザキ「パンキジ」より引用

そう、焼き時間は自分の目で判断する必要があるのです。こりゃ難易度が高いぜえ!と思ったのですが、実際にやってみると、わりとキレイに(笑)。

ほどよい加減で焼けました(笑)。このぐらいの焼き加減でも、すごくサクサクです。

どうでもいい話ですが、本物のきつねを知らないと、きつね色のタイミングって難しくないですか?(笑)柴犬みたいな色でいいんでしょうか。

食べてみたら、うますぎワロタwww

さて、問題の味ですが、「正直、うますぎワロタwww」というのが感想です。

もう少しくわしく説明すると、ほんのりとした甘みのある上品なラスクのような味がします。

スイートブールの皮の部分は、焼いた後もしっとり&やわらかさ。これがほんのりとした甘みを出してくれます。

焦げ目のついた部分はサクサクで、皮の部分はしっとり&ほのかな甘み。このバランスが絶妙で、食べていてすごくたのしいです。

スイートブールの皮の形って、何気にわびさびよねー。この皮は、カステラ皮だそうで、2017年6月からは厚みが増しているそうですよ。ゆずもちは、こういうくしゅっとしたところが好きです。いい甘みをしているんですよ、こういうとこ(笑)。

シナモンパウダーをかけるとさらにウマー

この日はシナモンパウダーもかけてみましたが、これまたウマーでした。

砂糖の入っていないシナモンのみのパウダーでしたが、スイートブール自体に甘みがあるので、これで十分でしたよ!

焼きスイートブール 総括

この日は、いろいろな焼き加減を試しましたが、表面がほんのりこげるぐらいがいちばんいい感じでした。ほどよいサクサク感がたのしめます。

ただ、どんな焼き加減にしても、食べている時は粉が盛大に落ちます(笑)。

それ以外はGOODな味わいでしたよー。

ライフスタイル
スポンサーリンク
yuzumochiをフォローする
この記事を書いた人
yuzumochi
ゆずもちろぐ。の管理人。へんてこなものやかわいいものが大好き。
yuzumochiをフォローする
ゆずもちろぐ。