【ノート好き】にはたまらない!「コクヨのシンプルノート術」が面白すぎる件

先日、「コクヨのシンプルノート術」という本を買ってみたところ、とてもよかったので紹介します。

 

 

キャンパスノートでおなじみの「コクヨ」のノート術が集められた本です。

コクヨのシンプルノート術

この本は、コクヨの社員が実際に使っているノートを100冊紹介しています。

いろいろな使い方が載っているのですが、面白いなーと思ったものをいくつか紹介してみます。

ページの真ん中を折って、1ページを2列にする

最初に面白いなあと思ったのは、ページを真ん中で折って1ページを2列にするという方法です。

こうして折ると、見開きで4列できます。おお!

ページの左側にメモや記録右側にはチェックしておくべきことやToDoを書きます。

図にするとこんな感じですね。

これ、実際にやってみたのですが、定規を使わなくてもキレイに分割できてすごくいい感じです。

ページの右側にやるべきことや重要なことが書かれているので、見直す時は、右側をみればいいんですね。

見開きで4列できるので、上のやり方以外にもいろいろな使い方ができそうです。

マスキングテープでノートを拡張

マステをちょっと使うだけで、ノートが大きくなっちゃいます。

読んでいて、楽しそうだなあと思ったのがこの方法。マスキングテープを使って、ノートを拡張する方法です。

拡張するのは、メモ用紙でもコピー用紙でもOK。マスキングテープでつぎたします。

ポイントを図にすると、こんな感じになります。

紙をつぎたすことで書ききれないことを補充する、というわけですね。一覧性がよくなりそう!

紙を貼る時は、ページの端にきっちりとあわせると、読まない時はキレイに折りたたむことができます。

ノートのトップに自分のビジョンや目標を貼る

がんばりたい時にオススメの使い方もあります。

次にいいなあと思ったのは、ノートを開いた最初のところに、自分のビジョンや目標を貼る方法です。

 

ふせんに、自分のビジョンや目標を書いて貼りつけます。

使い方を図にすると、こんな感じになります。

ふせんなので、達成したらはがせるんですね。こりゃ便利!

新しい目標ができたら貼って、クリアしたらはがす。これは達成感がありそうですね。

全部で100通りの使い方が載っています

どれも社員の方が実際にやっている方法なので、試したくなるアイデアがいっぱい載っています。

使い方は様々、いろいろな方法が載っています。

  • 会議の記録は横罫のノートに、アイデアのメモは方眼ノートに書く
  • 何度も見直すものはプリントアウトして貼っておくと、目につきやすくなる
  • 雑談力を上げるために、毎日1つ以上、新聞やネットで面白いと思った情報を専用のノートにまとめる
  • 同じ語や関連する言葉は、同じ方法で囲む(関連付けがわかりやすくなる)

・・・などなど、全部で100通りの使い方が載っています。

方眼ノートや無地のノートの使い方もありますよ。

この本の面白いのは、ごく普通の使い方から凝った使い方まで載っていて、本当に人それぞれだということ。

しかも、コクヨなのに、無印良品など別メーカーのノートを使っている人も多く、かなりフリーダムな内容になっています(笑)。

100人いれば100通りの使い方があることがよくわかりますよ!

ノート術に興味がある人にはたまらない1冊ですよ!

まとめ

今回の記事で使った図は自作のものですが、本の中では、実際に使われているノートの写真が多数掲載されています。

今回は、電子書籍版(Kindle版)を買ってみたのですが、電子書籍用に最適化されていて、非常に読みやすかったです。

もちろん、本文にマーカーを引いたり、語句の検索もできますよ!

スポンサーリンク
yuzumochiをフォローする
この記事を書いた人
yuzumochi
ゆずもちろぐ。の管理人。へんてこなものやかわいいものが大好き。
yuzumochiをフォローする
ゆずもちろぐ。