お店の入口とかにある、かさ袋をつける機械の名前がかわいい

ネーミング

雨の日にお店に行くと、よく傘袋がかんたんにつけられる機械が置いてあります。これ、ちゃんとした名前があるそうです。

こういう機械ですね。

これ、「傘ぽん」というのだそうです。

名前から分かる通り、日本で開発されたアイテムです。

というわけで、今回は「傘ぽん」についてです。

傘ぽんとは

傘ぽんは、傘を入れるだけで傘袋がつけられるアイテムです。

開発元の新倉計量器株式会社のサイトでは、傘袋自動装着機「傘ぽん」と書かれています。

雨の日になると、デパートやスーパー、ファーストフード店などあちこちでみられますね。今や日本だけではなく、海外でも使われる大ヒットアイテムになっているのだそう。

これ、一種類だけかと思ったら、いろいろなバージョンがあるんですね。

傘ぽん スタンダードタイプ

まずはスタンダードタイプ。傘を入れると、傘袋がついてくるものです。スリムなボディながら、最大で2,000枚の傘袋が収納できるそう。

傘ぽん 長傘&折りたたみ傘対応タイプ

 

つづいては、傘を入れるところが2種類あるタイプ。左側は長傘、右側は折りたたみ傘に対応しているます。

傘ぽん傘袋回収機能付きタイプ

 

つづいては、傘ぽんに傘袋回収機能がついたもの。傘袋がワンタッチではずせます。

 

画像引用:新倉計量器株式会社

 

右側の穴に傘袋のついた傘を入れて、押し込むと・・・

画像引用:新倉計量器株式会社

 

おお、傘袋がはずれています!

傘ぽん ダストボックス付きタイプ

 

 

こちらもダブルスロットタイプ。左側は傘ぽんですが、右側はダストボックスになっています。

傘ぽん 全天候タイプ

 

こちらは全天候タイプ。雨の日は傘ぽんとして、晴れの日はダストボックスとして使えるタイプです。

 

ふたの位置を変えて、後ろ向きにするとダストボックスになります。

画像引用:新倉計量器株式会社

 

ちなみに、傘ぽんに使われている袋は、有毒ガスの出ないポリエチレン製とのこと。燃えるゴミとして処理できる袋になっています。

まとめ

今回は、まさにアイデアの塊というべき「傘ぽん」を紹介しました。

ちなみに、傘ぽんの登場は1990年代。持ち込まれたアイデアをもとに、1994年に新倉計量器株式会社が開発したのがはじまりです。

これから傘ぽんを見るたびに、どのタイプの傘ぽんか気になりそうですね。

ネーミング
スポンサーリンク
yuzumochiをフォローする
この記事を書いた人
yuzumochi
ゆずもちろぐ。の管理人。へんてこなものやかわいいものが大好き。
yuzumochiをフォローする
ゆずもちろぐ。