【知らなかった!】奥歯は全部で何本あるのか

話のタネ

先日、歯医者さんで親知らずを抜いてきました。抜き終わった後、先生にこんなことをいわれました。

これで奥歯も磨きやすくなるよ

・・・へ!?

今、奥歯を抜いたのに、なぜそれを磨けるのか・・・なんだか不思議だったので、さっそく調べてみましたよ!

【衝撃】奥歯は全部で20本

私はいちばん奥の歯を「奥歯」と思っていたのですが、まったく違っていました。

奥歯は、前歯に対して使われる言葉で、「臼歯(きゅうし)」と呼ばれる歯をさします。

  • 第1小臼歯
  • 第2小臼歯
  • 第1大臼歯
  • 第2大臼歯
  • 第3大臼歯(親知らず)

これらすべてが臼歯で、それぞれ上下左右に1本ずつあります。

画像引用:しみず歯科医院

 

この図でいうと、(4)~(8)までの10本が奥歯にあたります。歯は上下にありますので、この2倍の20本が奥歯の数になります。

親知らずの扱い

奥歯のいちばん奥にある「第3大臼歯」が、いわゆる「親知らず」です。

他の歯と別扱いされることも多い「親知らず」ですが、分類上は奥歯になります。

「奥歯をしっかり磨くように」といわれたら

歯医者さんにいくと「奥歯をしっかり磨くように」と指導されることがあります。

これは「一番奥の歯を磨きなさい」ではなく、「奥歯と呼ばれる歯たちを磨きなさい」と意味です。

特に気をつけたい歯は?

奥歯の中で虫歯になりやすいといわれている歯が「第1大臼歯」です。

画像引用:ライオン クリニカ

 

いちばん奥よりもちょっと手前にある歯です。

この図の(6)にあたる歯です。

この歯は、みがきにくい場所にある上に、歯の溝が複雑なので、汚れがたまりやすい歯として知られています。

奥歯を磨きやすくするアイテム

なかなか磨きにくい奥歯ですが、次のアイテムを併用すると磨きやすくなります。

よくおすすめされるのが歯ブラシとあわせて、デンタルフロスや歯間ブラシを使う方法です。

デンタルフロス

デンタルフロスは、歯を掃除する部分が糸状になっています。

歯と歯の間に入れて、掃除をします。

歯間ブラシ

歯間ブラシは、歯を掃除する部分が細いブラシになっています。

こちらも歯と歯の間に入れて使います。

ふつうの歯ブラシにプラスして、これらを使うとよりキレイにしやすくなるというわけですね。

まとめ

奥歯は全部で20本という衝撃の数でした。

親知らずを抜くと、その隣の歯がくりあがって奥歯になるのか?とも思っていました(笑)。

話のタネ
スポンサーリンク
yuzumochiをフォローする
この記事を書いた人
yuzumochi
ゆずもちろぐ。の管理人。へんてこなものやかわいいものが大好き。
yuzumochiをフォローする
ゆずもちろぐ。