一味唐辛子と七味唐辛子をまぜたら、何味唐辛子になるのか

話のタネ

先日、本を読んでいたら「一味唐辛子と七味唐辛子を混ぜたら、何味唐辛子になる?」というクイズがありました。

ゆずもちは、思いっきり間違えたのですが、正解は「七味唐辛子」です。

というわけで、今回は七味唐辛子についてです。

七味と一味を混ぜると、なぜ七味唐辛子になるのか

まずクイズの答えからみていきましょう。

「一味唐辛子と七味唐辛子をまぜると、なぜ七味唐辛子になるのか」ですが、それぞれの材料を考えるとわかりやすくなります。

  • 一味唐辛子:唐辛子だけ
  • 七味唐辛子:唐辛子のほかに、薬味や香辛料が入っているもの

つまり、七味にはもともと唐辛子が含まれているんですね。

なので、そこに一味(唐辛子だけ)を足しても、数は増えないというわけです。

ちなみに味ですが、七味に唐辛子プラスするわけですから、混ぜる前の七味よりも辛くなります。

七味唐辛子の種類

七味唐辛子には、大きくわけて2つの種類あります。

きちんと7種類入ったもの

1つは、その名の通り7種類の薬味や香辛料が入っているもの。

 

スーパーでみるようなものや、

 

 

老舗・八幡屋礒五郎などの七味唐辛子がそうですね。

お店によって、入れる薬味や香辛料の違いはあるものの、7種類のものが入っています。

だいたい7種類のもの

もう1つのタイプは「だいたい7種類」というちょっとアバウトなもの。

七味の「七」を、たくさんだから、縁起のいい数字だからという理由で使っているものです。

このタイプは、入っているものが6種類とか8種類でも「七味」といいます。

八味唐辛子、十味唐辛子、十二味唐辛子もあります

「だいたい7種類のもの」がすべて七味唐辛子になるわけではなく、「八味唐辛子」や「十味唐辛子」なども存在します。

 

これは八味唐辛子。愛媛のいよかんを使った商品ですね。

 

つづいて十味唐辛子。

 

 

こちらは、唐辛子、麻の実、黒擦り胡麻、白擦り胡麻、柚子粉、山椒粉、生姜粉、海苔、けしの実、昆布粉でつくられています。

ちゃんと10種類ありますね。

十二味唐辛子

ユニークなところでは「十二味唐辛子」というものもあります。ただ、これは小話やジョークで使われるものです。

七味唐辛子にゴミが入って

  • 七味+ゴミ(五味)=十二味唐辛子

という笑い話です。

こちらのサイトでくわしくみることができます。

十二味のとうがらし <福娘童話集 お話しきかせてね きょうの日本昔話

まとめ

今回は「一味唐辛子と七味唐辛子を混ぜたら、何味唐辛子になる?」から、唐辛子についてでした。

ちなみに私は一味が好きで、岐阜県中津川市の「あじめこしょう」をよく使っています。

 

 

「こしょう」とついていますが、ラーメンなどにかけるこしょうではなく、一味唐辛子のことをこう呼んでいます。

ほどよい辛さと香ばしさがあり、一度使ってからやみつきになっています。

話のタネ
スポンサーリンク
yuzumochiをフォローする
この記事を書いた人
yuzumochi
ゆずもちろぐ。の管理人。へんてこなものやかわいいものが大好き。
yuzumochiをフォローする
ゆずもちろぐ。