アメダスのアメは「雨」のこと?正式名称とそのひみつ

話のタネ

気象情報でおなじみの「アメダス」ですが、実はこれ、略語なんですね。

正式名称は、Automated Meteorological Data Acquisition System

各語の頭文字を取って「AMeDAS」というわけですね。

・・・でもよくみると、頭文字なら AMDASになるはず。なぜMのところだけMeになのでしょう。

AMDASではなく、AMeDASになった理由

確かに頭文字だけを取ると、Automated Meteorological Data Acquisition Systemですから、AMDASになりますね。

実はこれ、名前を決める時にこんな提案があったといわれています。

「Mの後ろのeまで入れれば、AMeDAS(雨出す)になっておもしろい」

こうして略称が「AMeDAS」に決まりました。

なんだかオヤジギャグみたいな決まり方だったというわけですね。

最初のころは混乱も

さて、このアメダスですが、最初の頃は「雨も降らないのになんでアメダスなの?」「アメダスは『雨です』の方言ですか?」といった問い合わせもあったのだそう。

たしかに、音だけ聞くとよくわからないですよね。

そもそもアメダスとは何か

では、アメダスとはそもそも何なのかをみていきましょう。

アメダスとは、気象庁が開発した無人の気象観測システムのことをいいます。

こんな感じの機械が全国各地に置かれているのだそう。

画像引用:金沢地方気象台

アメダスの初運用は、今から40年以上前になる1974年とのこと。

しくみは、地域や観測する内容によって多少の違いがあるようですが、こうした機械が全国に約1,300か所あるそうです。多いですね!

アメダスの役割

気象庁のサイトをみると、アメダスの役割について次のように書かれています。

雨、風、雪などの気象状況を時間的、地域的に細かく監視するために、降水量、風向・風速、気温、日照時間の観測を自動的におこない、気象災害の防止・軽減に重要な役割を果たしています。 引用:気象庁 | アメダス

そのほか、雪の多い地域では、積雪の深さも観測しているのだそう。

気象庁のアメダスのページをみると、どこで観測しているかをみることができます。

地域観測所一覧(ページの中ほどにあります)

まとめ

今回はアメダスは「雨」のことなのかどうかについてでした。アメダスのアメは「正式名称の略」であり、「雨にもかけてある」というダブルミーニングだったわけですね。

話のタネ
スポンサーリンク
yuzumochiをフォローする
この記事を書いた人
yuzumochi
ゆずもちろぐ。の管理人。へんてこなものやかわいいものが大好き。
yuzumochiをフォローする
ゆずもちろぐ。