チーターの鳴き声が、ねこそっくりな件

動物

先日はじめて知ったのですが、チーターってねこそっくりな鳴き声なんですね。

こんな強そうな顔をしているのに、

「ニャー」とか「ミャア」とか鳴きます(笑)。


チーター鳴き声

・・・ね、ねこだー!

というわけで、今回はチーターについてです。

チーター

いくらネコ科とはいえ、ここまでねこそっくりとは!という鳴き声ですが、富士サファリパークの動画でも衝撃的です。


チーターの可愛い鳴き声

・・・か、かわいい!

怖そうなイメージのあるチーターですが、こんなねこそっくりな鳴き声をされると、キュンときてしまいますね。

チーターの赤ちゃんの鳴き声

今度はチーターの赤ちゃんの鳴き声をみてみましょう。

ねこそっくりかと思いきや、こちらはなんともいえない鳴き声をしています(笑)。


Cute Baby Cheetah Kitten Mewing

なんだかおもちゃみたいな鳴き声をしています。でも、こうしてみると、ネコ科だなあという感じがしますね。

チーターとヒョウの違い

さて、チーターと似たようなイメージがある動物にヒョウがいます。その見分け方についてもみていきましょう。

チーターは目の下に黒い線がある

チーターとヒョウの見分け方その1は、目の下のラインです。

チーターはこのように、目の下に長い黒線が入ります。

はっきりとした線が入っていますね。これがティアーズマーク(ティアーズライン)と呼ばれる、チーター独特の模様です。

対して、ヒョウのほうをみてみると・・・

目の下にはっきりとしたラインは見られず、チーターとはずいぶんと違うことがわかります。

模様の違い

続いては、体の模様の違いです。

チーターは、全体に丸い点のような模様がついています。

対して、ヒョウの模様は、丸がくずれたような形になっています。

体をみると、丸が集まって花のようになっていますね。こうして比べてみると、模様もずいぶんと違いがあることがわかりますね。

足の違い

つづいては、足の形の違いです。

チーターは、細くて長い足をしています。

対して、ヒョウは太く短い足をしています。

足をみても、かなりの違いがありますね。チーターは走るのが得意、ヒョウは木登りが得意。その違いが、足の形にもよく出ていますね。

ちなみに体はチーターのほうが小柄です。

狩りの成功率は50%以下

では、チーターの話に戻りましょう。

かわいい鳴き声をしているチーターですが、肉食で狩りをする動物です。

走って獲物を追う姿が印象的なチーターですが、実はすぐに疲れてしまって、長い距離は走れないのだそう。

速く走れるのは200~500mぐらいだそうで、狙った獲物の半分も捕えられないそう。

まとめ

今回はチーターについてでした。ネコ科とはいえ、まさかの鳴き声に衝撃!本当にねこそっくりな鳴き声でした。ヒョウとの見分け方は知っておくと、話のタネになりそうです~。

動物
スポンサーリンク
yuzumochiをフォローする
この記事を書いた人
yuzumochi
ゆずもちろぐ。の管理人。へんてこなものやかわいいものが大好き。
yuzumochiをフォローする
ゆずもちろぐ。