歌っておどる「目覚まし時計」がかわいすぎる件

アイテム

Amazonで目覚まし時計を探していたら、こんなかわいい時計がありました。

 

ケロクロックです!

アラーム時刻になると2匹のかえるが合唱します。

こ、こりゃかわいい!

というわけで、今回は目覚まし時計についてです。

ケロクロック

ケロクロック2には、合唱のほかにランダムにしゃべる機能もついています。

セリフはランダムで、「いつしゃべるか」もランダム。

本当に突然しゃべるようで、Amazonのレビューをみると、「一瞬ビクッとする」「夜中に突然話し出す」といった声もあります(笑)。

ピヨクロック

「ピヨクロック」もあります。

 

見た目はかわいいですが、ケロクロックに比べて話す内容がちょっぴりシュールです。

「半熟、半熟」とかしゃべります。

マーカスブラザース

そのほか、どの層を狙っているのかわからない「マーカスブラザース」という目覚ましもあります。

 

2人のマッチョが踊りながら目覚ましをしてくれます(笑)。大胸筋を動かしながら合唱します。

 

マッスルモーニングってwww

奥が深いといえば、こちらの記事もおすすめです(笑)。

カスタネットはいろいろと深い
先日、Amazonをみていたら、かわいいカスタネットをみつけました。叩くのがかわいそうなカスタネットですが(笑)、レビューをみると「たのしんでパンパンたたいています」「音は意外なほどしっかり鳴る」など、なかなか好評の模様です。叩くと目が動く

ウォッチとクロックの違い

さて、これまで紹介した目覚まし時計ですが、いずれも「クロック」という分類になります。

日本時計協会のサイトによると、時計について次のように定義されています。

 

時計とは、“時刻を指示する計時装置”です。計時装置とは、“時刻の指示又は時間の測定を、個々に、又は同時に行う装置”です。 尚、時計には、ウオッチ(どんな姿勢でも作動し、かつ携帯することを目的とした時計)とクロック(一定の姿勢で使用する時計)があります。 引用:日本時計協会

 

要は、携帯できるもの(腕時計や懐中時計など)がウォッチ、置いたり掛けたりして使うもの(目覚まし時計、掛け時計、柱時計など)がクロックということですね。

ちなみに以前紹介した「スマートウォッチ」も、携帯できるのでその名の通り「ウォッチ」という分類になりますね。

え、今のスマートウォッチってこんなに安いの!?
先日、スマートウォッチを調べていたら、びっくりしました。今ってめちゃくちゃ安いものがあるんですね。今、Amazonのスマートウォッチのベストセラーは3,000円台のこれ。安っ! スマートウォッチは、お高いイメージがあったのですが、ほんとびっ

それ自体が動き回る時計

さて、面白いところではこんな時計もあります。 止めるまで動き回る目覚まし時計です(笑)。

・・・(笑)。

オーソドックスな目覚まし時計

変化球ばかりではアレなので、おしまいにオーソドックな目覚まし時計を紹介します。

上のベルはアナログで鳴ります。

ちなみに、ベルを叩く「かなづち」みたいなものは「撞木(しゅもく)」と言う名前がついていますよ!

まとめ

今回は目覚まし時計についてでした。ケロクロックはかわいいですが、夜中に突然しゃべりだしたらドキッとしそうですね(笑)。

アイテム
スポンサーリンク
yuzumochiをフォローする
この記事を書いた人
yuzumochi
ゆずもちろぐ。の管理人。へんてこなものやかわいいものが大好き。
yuzumochiをフォローする
ゆずもちろぐ。