【吸引式&内視鏡つき】今の「耳かき」はいろいろとすごい

アイテム

先日、何気なくAmazonをみていたら、今って、吸引式の耳かきなんてあるんですね。

たとえばこんなタイプのものです。

こ、こりゃすごい(笑)。

耳かきといえば、アナログなイメージがあったのでびっくりしました。

というわけで、どういうものなんだろうと思い、早速調べてみましたよ!

吸引式耳かき イヤークリーナー

吸引式の耳かきは、イヤークリーナーともいわれます。

こんなしくみになっているようです。

なるほど、こういうしくみなんですね・・・というか、赤ちゃんがピアスしてる!!(0:44~あたりから 笑)。

掃除機のように吸い取れる、というわけですね。

イヤークリーナーいろいろ

さて、このイヤークリーナーですが、上の動画のように吸引メインのものから、「耳かき+吸引」機能のあるものまでいろいろあります。

「耳かき+吸引機能」のあるものでは、デオクロス i-earsがよく売れていますね。

こんなタイプのものです。

しくみは、こんな感じになっているのだそう。

画像引用:TOKUTOKU

 

先端はやわらかめの素材になっていて、スイッチを押している間だけ吸引ができるというもの。

使用感には個人差があるようですが、Amazonでも楽天でもよく売れていますね。

内視鏡つき耳かき

さて、いろいろな耳かきを見ていたところ、すごいものが出てきました。

なんと、内視鏡つき耳かきです!

綿棒がセットになっています(笑)。

コデン株式会社のオリジナル商品で、ファインダーで耳の中を見ながら掃除できるそうです。

使い方はこんな感じ。

画像引用:コデン株式会社 イヤスコープ

 

・・・(笑)。

Windows版の耳かき

ちなみに、耳の中をパソコンのモニターに映せる耳かきもあります。

画像引用:コデン株式会社 イヤスコープ

耳の中はどうみえる?

コデン株式会社では、イヤスコープを実際に使っているようすを動画で公開しています。

・・・なんともシュールな光景です(笑)。

まとめ

今回は耳かきについてでした。いろいろな耳かきがあるものですね。

おしまいにちょっとしたまめちしきを。

このようなオーソドックスな形をした耳かき。

こうした耳かきについている「ふわふわ」は、「梵天(ぼんてん)」という名前がついているそうです。おもしろいものですねー。

アイテム
スポンサーリンク
yuzumochiをフォローする
この記事を書いた人
yuzumochi
ゆずもちろぐ。の管理人。へんてこなものやかわいいものが大好き。
yuzumochiをフォローする
ゆずもちろぐ。