逆さまに開く傘が便利すぎる件

アイテム

先日、はじめて知ったのですが、逆さまに開く傘なんてあるんですね。

こういうものです。

ほんとに逆さま!

開くと普通の傘と同じような形になります。

このアイテム、単に逆さまにしただけでなく、いろいろなメリットがあるみたい。

というわけで、今回は逆さまに開く傘についてです。

逆さまに開く傘

こうした逆さまに開く傘は、「逆さ傘」「逆折り式傘」「逆転傘」といった名称で売られているのですが、しくみはこんな感じ。

たたむと内側が外になる、というわけですね。これによって、次のようなメリットが生まれました。

自立する

画像引用:Suprella Official on Vimeo

 

逆さ傘は、支えがなくてもこのように自立します。こ、こりゃ便利!

普通の傘との比較もあります。

画像引用:Suprella Official on Vimeo

どこにおいても大丈夫

逆さ傘は、たたむと雨に濡れた部分が内側になります。

そのため、こんなこともできちゃいます。

画像引用:Suprella Official on Vimeo

 

電車の中でも安心。

画像引用:Suprella Official on Vimeo

お店の入口とかにある、かさ袋をつける機械の名前がかわいい
雨の日にお店に行くと、よく傘袋がかんたんにつけられる機械が置いてあります。これ、ちゃんとした名前があるそうです。こういう機械ですね。これ、「傘ぽん」というのだそうです。名前から分かる通り、日本で開発されたアイテムです。というわけで、今回は「

狭いところでも開閉しやすい

圧巻なのは、狭いところでの開閉です。

まずは車。よくあるこんなシーンでも・・・

画像引用:Suprella Official on Vimeo

 

雨に濡れずに乗れるんだぜ!

画像引用:Suprella Official on Vimeo

 

そして、人の出入りがある場所でも・・・

画像引用:Suprella Official on Vimeo

 

まわりを気にせずに傘を閉じることができます。こりゃスマート!

画像引用:Suprella Official on Vimeo

 

逆折り式傘がほしくなる動画

逆さまに開く傘が思わずほしくなってしまう動画があります。


Зонты Suprella

いろいろな逆折り式傘、逆さ傘

さて、現在このタイプの傘は様々なメーカーから出ています。

値段もいろいろで、高価なものもあれば、安いものなら1,000円~2,000円台からあります。

柄つきは「たたむとどんな模様になるんだろう」というたのしみがありますね。3,000円でおつりがきちゃいます。

まとめ

単なるアイデア商品と思いきや、これは大発明なのでは・・・。逆さになるだけで、こんなにメリットが出るとは。面白いものですね~。

アイテム
スポンサーリンク
yuzumochiをフォローする
この記事を書いた人
yuzumochi
ゆずもちろぐ。の管理人。へんてこなものやかわいいものが大好き。
yuzumochiをフォローする
ゆずもちろぐ。